本文へスキップ

Department of Cancer Cell Biology, University of Toyama

                     

新着情報

 平成29年6月14日 EphA2に関する総説がBiol. Pharm. Bull.に受理されました。
Emerging and diverse roles of the EphA2 noncanonical pathway in cancer progression.
 平成29年3月23日 学生(4名)が巣立って行きました
 平成29年2月1日 薬学雑誌に総説が掲載されました。
「チロシンキナーゼ型受容体の非定型的活性化:がん病態制御の次なる標的」
[Open Access]
 平成29年1月27日 インドネシアからRatna Dini Haryuniさんが研究生となりました。
 平成28年12月7日 薬学部3年生(6名)の配属が決まりました。
 平成28年10月22日 薬総会主催ソフトボール大会で、準優勝しました。
 平成28年8月17日 ErbB2に関する論文が Scientific Reports 誌に掲載されました。
Feedback control of ErbB2 via ERK-mediated phosphorylation of a conserved threonine in the juxtamembrane domain.” [Open Access]
 平成28年4月1日 周 越 さん(上海中医薬大学)が協力研究員となりました。
 平成28年3月23日 学生(7名)が巣立って行きました
 平成28年3月11日 河崎助教が、バーゼル大学に短期留学(3カ月)に出発しました。
 平成27年12月2日 薬学部3年生(5名)の配属が決まりました。
 平成27年11月15日 日本薬学会北陸支部第127回例会を開催しました。
 平成27年7月9日 EphA2に関する論文が Nature Communications 誌に掲載されました。
Crucial roles of RSK in cell motility by catalysing serine phosphorylation of EphA2.” [Open Access]
 平成27年3月31日 研究員の 周 越 さんが大阪大学に移りました。
 平成27年3月24日 学生(5名)が巣立って行きました
 平成27年2月10日 EGFRに関する論文が BBRC 誌に掲載されました。[Abstract]
Role of tyrosine kinase-independent phosphorylation of EGFR with activating mutation in cisplatin-treated lung cancer cells
 平成27年1月3日 EGFRに関する論文が Helicobacter 誌に掲載されました。[Abstract]
Helicobacter pylori induces serine phosphorylation of EGFR via novel TAK1-p38 activation pathway in an HB-EGF-independent manner
 平成26年12月3日 薬学部3年生(6名)の配属が決まりました。
 平成26年11月16日 大学院生の小原直人君が日本薬学会北陸支部第126回例会において、学生優秀発表賞を受賞しました。「チロシンキナーゼ活性に依存しないIGF-1Rのリン酸化制御機構の解析」
 平成26年11月1日 TAK1に関する総説(Trends Pharmacol. Sci., 2012)が、トムソン・ロイター社のWeb of Scienceにおいて高被引用文献(学術分野の上位1%)に選ばれました。
 平成26年10月1日 インドネシアからの留学生 Aminullahさん(あみちゃん)が帰国しました。
 平成26年4月1日 博士課程を修了した周越博士を、研究員として採用しました。
 平成26年3月24日 櫻井宏明教授が、田村科学技術振興財団より第一回田村四郎科学賞を受賞しました。
 平成26年3月21日 卒業生(3名)が巣立って行きました
 平成25年12月4日 薬学部3年生(6名)の配属が決まりました。
 平成25年11月18日 大学院生の周越さんが日本薬学会北陸支部第125回例会において、学生優秀発表賞を受賞しました。「炎症シグナルを介したEphA2のリン酸化制御」
 平成25年11月12日 大学院生の周越さんの論文が FEBS Letters 誌に掲載されました。[Abstract]
p38-Mediated phosphorylation of Eps15 endocytic adaptor protein
 平成25年8月30-31日 名古屋市に講座旅行に行ってきました。
 平成25年7月3日 EGFRに関する論文が Cancer Science 誌に掲載されました。[Abstract]
Inverse correlation between Thr-669 and constitutive tyrosine phosphorylation in the asymmetric epidermal growth factor receptor dimer conformation
 平成25年6月25日 EGFRに関する総説が日本生化学会誌「生化学」に掲載されました。[Link]
チロシンキナーゼ型受容体のセリン/トレオニンリン酸化制御
平成25年6月25日 日本生化学会発行「生化学」第85巻6号
特集:「次世代シグナル伝達研究−先駆的基礎解析と臨床・創薬への展開
を群馬大学生体調節研究所 徳永文稔 教授とともに企画しました。
[Link]
 平成25年5月25日 大学院生の田中智大君が日本生化学会北陸支部第31回大会において、学生ベスト発表賞を受賞しました。「p38を介したセリン残基のリン酸化によるEGFRの細胞内輸送機構」
 平成25年4月7日 韓国から 朴 哲a さんが、キャンパスアジアプログラムを通じて来日しました。
 平成25年4月1日 薬学部研究棟耐震改修工事が終了し、薬学部研究糖7階の研究室に戻って来ました。

過去のお知らせ





リンク

  研究室紹介(Tom's TV)
  
富山大学・トップ
  
富山大学・薬学部
  
富山大学・和漢研

連絡先

〒930-0194 富山市杉谷2630番地
富山大学大学院医学薬学研究部
がん細胞生物学研究室
TEL & FAX: 076-434-7520

ページ管理者:櫻井宏明

アクセス・キャンパスマップ


   
   Since August 2011