独立行政法人日本学術振興会 研究拠点形成事業(B.アジア・アフリカ学術基盤形成型)

伝統・天然薬物利用を基盤とする富山・アジア・アフリカ創薬研究ネットワーク(TAA-PharmNet)の構築

TAAネットワークとは?

アジア・アフリカ地域に眠る未知の伝統医学療法と特有の気候風土がもたらす伝統・天然薬物を由来とする未開拓天然化合物資源を利用した創薬をめざし,和漢薬研究の伝統を持つ富山大学が中心となって,アジア・アフリカ地域の大学との共同研究を推進する創薬研究拠点。

【研究課題】

  • 生物活性物質の探索,構造決定と薬理活性評価による化合物ライブラリー構築
  • 細胞・個体レベルでの化合物の薬効解析評価
  • 有機合成による新規リード化合物の創製

お知らせ

「第2回 富山・アジア・アフリカ創薬研究シンポジウム」が中国山東大学学府酒店にて開催されました。
「第2回 富山・アジア・アフリカ創薬研究シンポジウム」のプログラムを掲載しました。
「第2回 富山・アジア・アフリカ創薬研究シンポジウム」は、9月25日(月),26日(火)、中国の山東大学にて開催されます。詳細は、決まり次第掲載します。
「第1回 富山・アジア・アフリカ創薬研究シンポジウム」を開催しました。
「第1回 富山・アジア・アフリカ創薬研究シンポジウム」のプログラムを掲載しました。
9月12日,13日、「第1回 富山・アジア・アフリカ創薬研究シンポジウム」が開催されます。詳細は、決まり次第掲載します。
ウェブサイトを開設しました。

B.アジア・アフリカ学術基盤形成型

PAGE TOP