アミロイド線維形成機構の解明

アルツハイマー病、クロイツフェルトヤコブ病、家族性アミロイドポリニューロパシーではアミロイド線維と呼ばれるタンパク質凝集体が体内に蓄積します。このようなアミロイド線維ができるためには、天然の正常型構造であったタンパク質が、正常型構造とは異なる異常構造に変化し、アグリゲーションを起こす必要があります。異常構造への変化は、βシート構造の著しい増加を伴うことが多いですが、立体構造変化をもたらす要因の詳細については現在も明らかとなっていません。構造生物学研究室では、transthyretin(TTR)、amyloid β - peptide(Aβ)、gelsolin などを用いてアミロイド線維ができる仕組みを研究しています。



Transthyretin (左)gelsolin domain-2 (右)の立体構造