研究室

構造生物学研究室

教授 水口 峰之 准教授 帯田 孝之 助教 横山 武司

 生体内におけるタンパク質は,そのアミノ酸配列に従って三次元的な立体構造へとフォールディングする。タンパク質の機能はその立体構造と密接に関連しているため,タンパク質の立体構造を実験的に決定することは重要である。我々は核磁気共鳴(NMR),X線結晶構造解析,中性子結晶構造解析を使ってタンパク質の立体構造を調べている。

主な研究テーマ

  • 1. アミロイドーシス関連タンパク質の立体構造解析
     アミロイドーシスはミスフォールドしたタンパク質が体内に蓄積することによって引き起こされる疾患であり,家族性アミロイドポリニューロパシーや脊髄小脳変性症などが含まれる。我々は,中性子・X線結晶構造解析法や生化学的手法を用いてトランスサイレチン等のアミロイド線維形成に関する構造学的研究を行っている。中でも,タンパク質の中性子結晶構造解析は酵素の機能や分子認識に重要である水素原子を直接観測し,原子配置を決定できる手法である。これらの手法を用いて,アミロイドーシスをはじめ,骨粗鬆症やその他の疾患の治療に重要なタンパク質の研究を行っている。
  • 2. 古細菌の細胞分裂におけるESCRTの役割の解明
     古細菌の細胞質分裂に重要な3つのESCRT関連タンパク質(Vps4/ESCRT-Ⅲ/CdvA)に主に着目し,その機能について分子レベルで明らかにすることを目的とする。単純でユニークな古細菌の細胞質分裂機構を理解することで,より複雑な真核細胞の細胞質分裂機構の理解に繋がるモデルを提案したい。