研究室

製剤設計学講座

客員教授 大貫 義則

 製剤は、薬物による最大限の治療効果が得られるよう、安全性、有効性、安定性など、様々な特性を考慮して設計されています。通常、そうした製剤特性には、薬物の物理化学的性質、製剤処方および製造工程などといった数多くの因子が複雑に影響しています。したがって、製剤開発を行う場合は、それらの因果関係を正確に理解し、製剤処方や製造工程を最適化することが非常に重要です。製剤設計学講座では、高品質かつ安定的な製剤開発を目的として、様々な科学技術を駆使した製剤化研究を行っています。例えば、統計学的手法やシミュレーション技術などを応用して、製剤の重要品質特性と設計変数(製剤処方やプロセスなど)との因果関係について詳細に検討したり、製剤処方や製造条件の最適化研究などを行っています。また、分子イメージング技術などを応用した製剤物性研究などにも取り組んでいます。

主な研究テーマ

  • 1. 製剤設計最適化手法の開発研究
  • 2. 分子イメージング技術を利用した製剤物性研究