研究室

薬品製造学研究室

教授 松谷 裕二 准教授 杉本 健士 助教 高山 亜紀

 コンビナトリアルケミストリー,ハイスループットスクリーニング(HTS),コンピューターによるドラックデザイン(CADD)などに代表される技術革新により,最近の創薬の世界も大きな変革を遂げています。特に,多様な置換基を持つ化合物ライブラリーの合成にコンビケムは大きな威力を発揮しています。一方,作用発現の核となるファーマコフォアに或る基本骨格があって,その基本骨格の多様性が必要な場合はこれをコンビケムで得るのは困難ですし,全く新しいタイプのリード化合物を得る為にはやはり通常の合成反応に頼らざるを得ません。またCADDでリード化合物が想定されても実際にその化合物が無ければその活性評価もできませんし,これを実際の創薬に生かす為には合成化学は必須です。また現在の合成化学の課題は,単に複雑な構造の天然物を合成するだけでなく,その合成技術を基にしてより優れた機能を持つ化合物を創製する事にあります。この様な創薬科学,合成化学の実状に鑑み,当研究室では合成化学に革新をもたらす有用な新反応の開発と,新規医薬品の創出を目標とした研究を行っています。

主な研究テーマ

  • 1. 有機触媒,金属触媒を利用した,画期的な有機化合物変換反応の開発
  • 2. 分子内シリル基移動に基づいた,新規反応の開発
  • 3. 認知症治療薬の開発を指向した,脳機能改善作用を有する化合物の設計と合成
  • 4. 生活習慣病の予防と治療効果を有する,低分子有機化合物の合成と構造活性相関
  • 5. 抗癌性医薬品開発を目指した、マクロライド系天然物の合成研究