研究室

ゲノム機能解析研究室(生命科学先端研究支援ユニット)

教授 田渕 圭章

 細胞は,様々なストレス環境に適応するためにストレス応答システムを持っています。その一つである小胞体ストレス(ERストレス)は,各種ストレスによって構造異常のタンパク質が蓄積した時に誘導され,ERストレス応答(unfolded protein response, UPR)と呼ばれる細胞の生存のための反応がおこります。このシステムは,タンパク質の品質管理に重要で,異常タンパク質の分解にはプロテアソームが関与します。一方,ストレスが許容範囲を超えると,細胞死が誘導されます。遺伝子組換えやバイオインフォティクスの手法を用いて,ERストレス,ヒートストレス,メカニカルストレス等による細胞応答のメカニズムを解明する研究を行っています。

主な研究テーマ

  • 1. 細胞分化の機械的制御
  • 2. 細胞ストレス応答の分子メカニズムの解明