研究室

分子神経生物学研究室

准教授 田渕 明子 助教 伊原 大輔

 脳神経系が環境からの刺激を受けてはじめて,私たちは何かを考え,創造したり行動したりすることが可能となります。また繰り返し学習したことは,忘れずによく覚えています。環境からの刺激は,脳神経系の構成する神経細胞[ニューロン]の活動を盛んにし,それがシグナルとなってニューロンの「核」にまで情報を伝えて(シグナル伝達),遺伝子が適切に調節されせます(遺伝子発現)。これは,長期的にニューロンの性質を変化させるための好都合なイベントです。実際に,記憶の成立や保持には,長期的な遺伝子発現変化が必要です。分子神経生物学研究室では,ニューロンの遺伝子発現調節が「記憶の基礎過程」であり,その破綻が神経疾患発症の一因である。ととらえ,そのメカニズムの解明に取組んでいます。

主な研究テーマ

  • 1. 神経栄養因子の遺伝子発現調節:その分子機構解明と活性化薬剤スクリーニングによる新薬開発への基盤研究
  • 2. 神経突起形態変化(かたち)と遺伝子発現をリンクさせる仕組みの解明と神経疾患との関わり

 脳由来神経栄養因子(BDNF)や下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ポリペプチド(PACAP)は,ニューロン生存維持や機能性を高める活性を持ちます。そのような神経栄養活性を持つ分子の遺伝子発現と機能のメカニズムの解明に取組んでいます。また,「かたち」と遺伝子発現をリンクさせる転写因子に焦点を当て,その機能と精神疾患などの神経疾患とが関連する可能性について新しい取り組みを行っています。また,それら情報伝達に関係する分子を標的として,薬剤スクリーニング系を確立する予定です。