学生生活

学部

在学生メッセージ

写真

創薬科学科4年

 創薬科学科では薬都とやまの歴史、実際の薬剤開発の経緯、創薬研究の現状と今後に関する講義や富山県薬事研究所での錠剤製造を学ぶ実習、卒業生の皆様による講演などがあり、創薬研究に関する様々なことが学べます。また、薬学科と一緒に受ける講義もあり、薬剤や生体に関する様々なことを学ぶことができます。
 3年次には研究室配属があり、今までの講義で興味を持ったこと、やってみたいことから自分で研究室を選ぶことができます。僕はより多くの人に関わることのできる臨床分野での研究をしたいと思い、現在はそれに関わる研究を行っています。研究を行うにあたって、実験の目的を理解し、得られた結果から考えられることや次に行うことを議論することが大切です。全ての実験が必ず成功するということはなく、失敗もありますが、先生方や先輩からアドバイスや、時には叱咤されながら研究室での生活を過ごしています。研究室での経験が今後に活かされるように有意義に過ごそうと思っています。

写真

薬学科6年

 富山大学では医学部や和漢医薬学総合研究所との連携により、臨床現場における倫理観やチーム医療の重要性を学んだり、生薬や漢方薬に触れたりすることができます。また、富山大学附属病院や製薬企業の見学もあり、早くから将来について考えることができます。3年次の途中から研究室に所属し、自分の研究テーマをもとに6年次まで研究を行います。研究室では実験を行うだけではなく、セミナーなど発表の機会がたくさんあります。発表の場を重ねると、分かりやすく説明したり、意見を言ったりする力が自然と身につきます。4年次の途中からは、共用試験 (OSCE・CBT) に向けた事前学習が始まります。事前学習では調剤や服薬指導などの基礎を学びます。富山大学には、実際の調剤室を模擬した錠剤・水剤・散剤・軟膏剤などの調剤台や無菌調剤設備があり、本格的な調剤の練習ができます。5年次には事前学習で学んだことを活かし、薬局や病院において、実際に指導薬剤師のもと実習を行います。現場で実習を受けることで、理想の薬剤師像に近づくために何が必要なのかを学び、実践していくことができます。

写真

薬学科6年

 私は、5年生の時に南カリフォルニア大学臨床薬学研修に参加しました。研修では、学内での講義や病院見学、薬局見学を経験しました。
 講義では、アメリカにおける薬剤師養成課程(Pharm.D.)の紹介や患者へのカウンセリング方法を学び、ケーススタディでSOAPを考え、Discussionを行いました。コミュニケーション能力の重要性を強調され、大学時代に積極的にケーススタディを取り入れていることが分かりました。
 病院・薬局見学を通して、現場薬剤師から話を聞くことが出来ました。アメリカにはテクニシャンが存在し、薬剤師を補佐する役目があります。よって、アメリカの薬剤師は処方箋監査や予防接種の実施、患者の直接ケアに集中することができます。また、病院薬剤師はチーム医療に積極的に参画していることが分かりました。中でも興味深かったことは、薬に関与する検査項目をオーダーすることができ、検査値に基づいて患者の状態を評価し、投与量を変更することができるという点でした。例えばヘパリン投与患者にPTTとAPTTを検査し、薬剤師の判断で投与量を増減することができます。これらの話を聞いて、日本の薬剤師が関わることが出来る医療領域の狭さを感じると共に、これから日本の薬剤師が出来ることが増えてくると思いました。薬剤師の職能を拡げるためにも更なる研鑽が必要だと感じました。
 臨床薬学研修を通して、アメリカと日本の、薬学制度や薬剤師の立場の違いを学ぶことが出来ました。今回の経験を生かし、日本の薬剤師の職能が広がることに貢献したいと思います。

写真

薬学科1年

 私は朝7時に起きて8時22分のバスに乗って大学に向かいます。五福キャンパスの近くに住んでいるので、朝は杉谷キャンパスの近くに住んでいる人よりは忙しいです。けれど、スーパーや市電やJRの駅が近くにあるので便利です。授業は90分と高校時代に比べたら2倍近くもあり、最初の頃は集中が切れてしまい大変でした。しかし、高校時代に習えなかったこともたくさんあり楽しいことが多いです。
 昼食は食堂でとっています。食堂はたくさんの料理があり、毎日悩んでいます。日当たりが良い席がたくさんあり、爽やかな気分で楽しく食べることができます。大学生活の一番の特徴は自由度の高さです。自分で考え、決める場面が多くあります。その分負う責任も多いので注意が必要です。しかし絶対に言えることは、大学生活は楽しいということです。特に杉谷キャンパスには良い人がたくさんいて、これからの医療人にとって欠かせない、人と関わる能力が楽しく養えると思います。今までにはできなかったこと、これからしてみたいことができ、素晴らしい医療人になるために最適な環境で最高のキャンパスライフを過ごしています。

写真

創薬科学科1年

 富山大学杉谷キャンパスでは、毎年一年次に医学部薬学部合同での1泊2日の合宿研修を行っており、主に学科混合で各4名、全70 班に分けられた班員と2日間を過ごします。
 1日目の朝、大講義室に集められた私達は突如、コンセンサスゲームの挑戦者となります。名前を把握しているのがやっとであった班員と共に、必死に知恵を出し合い課題に取り組みました。多数決とは異なり、互いの意見を尊重し合いながら、1つの答えを導き出すプロセスを経る事は、協調性や決断力が問われとても大変でしたが、全員が納得した形で決断していく事の重要性を改めて認識する事が出来た良い機会になりました。私のチームは見事全体の2位となり、すっかり打ち解け合ったので、その後の称名滝観光や夕食、2日目の室堂での野外活動も行動を共にし、たくさんの思い出を共有出来ました。
 また1日目の夜は学科ごとに分かれ、数個のグループに分かれて薬学に関するテーマを掲げ討論をし、パワーポイントを用いた発表を行いました。様々な背景や問題を抱えるテーマについての議論は、“討論とは何か”という根本の疑問にぶち当たるなど難航しましたが、限られた時間の中で最大限の事は出来たので、とても充実した時間を過ごせました。
 写真は、夜の自由討論の時間に武道系仲間の親睦を深める為に行なった、テコンドー部と剣道部の合同1年会の写真です。立山合宿は2日間を通し未来の医療を担っていく同志として、学科の垣根を超えた多くの人と出会い関わりあう事が出来る貴重な場となりました。

写真

大学院 博士前期課程1年

 薬学部4年次生では、3年次に配属された研究室で引き続き研究を行います。どの研究室も特徴のあるテーマを扱っており私の研究室ではヒトの病気を模したモデル動物で主に実験を行っています。時間割の例をみるとずっと実験をしているようにもみえますが実験以外にも、自分の実験に関連した論文や基礎知識を補うために図書館で借りた本を読んだり実験で使う試薬の設計などもしています。1~3年次での授業はそのほとんどが受け身で、習ったことを覚えるというのがメインでしたが研究をするようになって自分から必要な知識を得るために勉強するようになりました。また、研究をしていて思うのは授業を真面目に受けていてよかったということです。当時は何の役に立つかイマイチわかりませんでしたが、いざ研究をするにあたり、1~3年次での授業で習ったことが当たり前のように出てきます。それを基礎にして新たに自分の研究に関する知識を積み重ねていくため新しい知識や手法などがすんなりと理解できることが非常に多いです。
 研究の話ばかりでしたが研究以外には、平日の夕方以降や土日に趣味のボルダリングをしたり子供に医療や薬のことを教えるボランティアをしたりお気に入りのバンドのライブに行ったりもします。研究をするのもおもしろいですが研究以外のことをしているときの方がいいアイデアが浮かんでくることが多いです。高校生のときには想像していなかったようなことを楽しんでいることがたくさんあるので、大学生になったらいろいろ挑戦してみてくださいね。

写真

薬学科6年

 薬学科5年生では、薬局実習2ヵ月半・病院実習2ヵ月半の実務実習があり、実際の臨床現場で薬剤師の業務を勉強します。薬局では調剤業務や服薬指導、在宅訪問をさせていただき、病院ではチーム医療にも同行しました。服薬指導では、患者さんとの会話の中で薬の効き目や副作用状況を聞き取り、その症状がどの薬剤に起因する症状であるのか判断することが難しかったです。毎日分からないことばかりで私自身の知識の乏しさを痛感しましたが、5ヵ月の実習を経て、多くのことを学ぶことができました。
 実習を通して、薬剤師は患者中心の医療を目標に、患者さんにあった処方提案を行う責任ある立場であると実感しました。また、人との関わりが大きい現場であるため、どの場面においてもコミュニケーション能力が重要であると感じました。
 実習後は自分が所属する研究室での研究活動に励み、セミナーや学会発表を経験しながら、卒業研究を進めています。実習や研究活動は大変ではありますが、週末には友人や家族と過ごしてリフレッシュし、充実した生活を送っています。

写真

薬学科6年

 3年次の終盤に研究室へ配属となり、卒業研究が本格的に始まりました。学生生活が研究室一色になる前に、富山県の魅力をもっともっと知りたいと思い、3年次には県内各地を観光しました。春には砺波市の「となみチューリップフェア」に行きました。このフェアは、国内最大規模の博覧会で、600品種250万本の色鮮やかなチューリップが咲き誇り、残雪の立山連峰とのコラボレーションは絶景そのものでした。さらに、庄川観光祭にも行ってきました。迫力満点の「夜高あんどん」に圧倒されるとともに、県内で一番早い花火大会には心癒されました。富山県には、他にもまだまだ沢山の伝統や自然の魅力があふれています。これからも富山県の魅力にもっともっと触れていきたいです。