大学院・学部

沿革

1690年頃 富山藩第2代藩主・前田正甫公、薬業を奨励し、反魂丹を中心とした配置売薬業「越中富山の薬売り」を全国に展開
1893(明治26年) 本学薬学部の萌芽、共立富山薬学校創立
1910(明治43年) 富山県立薬学専門学校に改組 (長井長義博士祝賀演説)
1921(大正10年) 官立富山薬学専門学校(富山薬専)に改組
1949(昭和24年) 富山大学薬学部として再編
1963(昭和38年) 薬学部附属和漢薬研究施設新設
1974(昭和49年) 附属和漢薬研究施設が和漢薬研究所に昇格
1975(昭和50年) 富山医科薬科大学新設に際し薬学部として参加
1978(昭和53年) 大学院博士課程の設置
1990(平成2年) 薬剤設計学講座と薬物生理学講座の新設
1992(平成4年) 開学百周年
2000(平成12年) 大学院薬学研究科臨床薬学専攻設置
2005(平成17年) 富山医科薬科大学創立30周年
三大学統合により富山大学薬学部として再編
和漢薬研究所から名称改め和漢医薬学総合研究所が開所
2006(平成18年)
  • 薬学部を改組
    薬学科(6年制)と創薬科学科(4年制)を設置
  • 大学院を統合・改組
    薬学研究科、医学系研究科、理工学研究科を統合・改組し、医学薬学教育部、生命融合 科学教育部、理工学教育部を設置
2014(平成26年) 薬学部創立120周年記念事業