大学院・学部

大学院概要

薬科学専攻(博士後期課程:3年制)

博士前期課程の教育・研究を基盤として、基礎薬学から臨床薬学にわたる最先端の薬学教育を行う。薬学領域の進展に対応し、ゲノム情報,遺伝子発現と細胞機能、生体分子の構造と相互作用、薬物動態、和漢薬の基礎科学、分子レベル薬化学などの先端的な教育・研究と和漢薬を含む医薬品の相互作用の解析等、特色ある教育・研究を行う。薬学領域の教育・研究を推進できる人材として、大学・研究機関において薬学領域の基礎科学を創造できる人材、製薬関連企業において新薬を創成できる人材を育成する。