大学院・学部

学部概要

カリキュラム

富山流『くすりのスペシャリスト』を育てるカリキュラム

全国の薬学部において履修する共通の教育科目(コアカリキュラム)と「くすり」を知り、創り、つかうための、三つの融合による本学独自の教育科目を提供しています。
社会活動に役立つ幅広い教養と専門科目の理解のために必要な基礎知識を養う教養教育科目を履修したのち、コアカリキュラムにしたがい、薬学の基礎科目、専門科目を履修します。
ついで本学独自の富山流「くすりのスペシャリスト」を育てるための講義を履修します。
さらに、将来へのサポートとして、「専門英語」やTOEIC対策プログラム(創薬科学科)、国家試験対策プログラム(薬学科)があります。

Q&A
大学入学までに何を勉強しておいたらいいですか?
薬学は、広範で多様な学問分野からなっています。また、どのような分野で活躍するにしても、語学力(国語、英語)が必要不可欠です。したがって、入学までに、化学、物理学、生物学、数学、語学の基礎学力をつけておいてください。
高等学校で生物を履修していないのですが、授業についていけますか?
心配はいりません。高等学校で履修していなくても、十分についていけるよう配慮されています。一方で、生物に限らず、大学で学んでいくためには自発的な学習姿勢が必要で す。わからないまま放置せず、積極的に質問するなどの努力も必要でしょう。
コアカリキュラムって?
薬剤師や薬学研究者などを目指す学生に学んでほしい内容を整理し、厳選した全国共通の薬学専門教育のガイドラインです。 ・物理系薬学 ・化学系薬学 ・生物系薬学 ・健康と環境 ・薬と疫病 ・医薬品をつくる ・薬学と社会の7分野にわかれていますが、それぞれの分野は互いに密接に関連し合っています。本学では、コアカリキュラムの内容を次に挙げる講義科目で講義しています。 物理化学、分析化学、生物物理化学、構造生物学、有機化学、 生薬学、合成化学、基礎生化学、基礎微生物・免疫学、衛生科学、薬剤学、薬物動態学、薬理学など